覚えておくべき少数のFXテクニカル指標

テクニカル分析とは為替相場のチャートを分析してチャートの動きから将来の為替変動を予測する分析方法です。テクニカル指標はテクニカル分析をする時に使われる指標であり、100以上の指標があります。役立つ物からマニアックな物までありますが、全ての指標を使いこなす必要はありません。少数のテクニカル指標を覚えておくだけでいいのです。 ローソク足は、為替のチャートで並んでいる四角と線で出来ている物です。ある一定期間の値動きを一目で分かるように表した物です。トレンドラインは、相場の基本的な傾向を一本の線で表した物です。相場が上昇基調であれば上昇トレンドと言い、相場が下降基調であれば下降トレンドと言います。サポートラインは相場の下落を支える線で、レジスタンスラインは相場の上昇の抵抗となる線です。レンジ相場は一定範囲内の値幅の中で上下動を繰り返す相場のことです。移動平均線(MA)は一定期間の平均をグラフで表したものです。相対力指数(RSI)は一定期間の価格変動を上昇幅と下落幅に分けて、全体の値動きの中で上昇幅のウエイトによって過剰さを判断するための指標です。ストキャスティクスはレンジ相場のような停滞感の強い相場の時に威力を発揮する指標です。テクニカル指標を知っておくことで、FXでの取引がスムーズに出来るようになるのです。

■FX情報サイト
FX比較はこちら:FXをするトレードタイミングがわかります
FXで稼ぎまくる!勝利のインターバンクディーラーFXブログ:ブログ形式のFX比較サイト
だいまんFX:FXをするならまずはここをチェックでしょう